ホステス
こちらを見ている女性

キタとミナミの違い

賑やか、騒々しいイメージをもたれる事の多い大阪。実際に人もお店も多く、活気に溢れた街が...

沖縄のスナック事情

振り返る女性

格安で気軽に立ち寄れる梅田の昼キャバならシステムサービスが充実しているこちらのお店がおすすめです。

明るいうちに楽しく飲める梅田の昼キャバといえばこちら。かわいい女の子達とリフレッシュしてみませんか?

観光やリゾート地として非常に人気のある沖縄は、冬場でも10℃を下回る事がほとんどなく、年間の平均気温は約23℃もある国内では珍しい熱帯の地域です。
そんな沖縄ですが、実は人口の割にとてもスナックの多い県となっています。
独特の文化を持つ沖縄のスナックとはどんなものなのかというと、3種類程に分ける事が出来ます。
全国的には、お店を取り仕切るママがいて女の子のスタッフがいて軽食とお酒を提供されつつママや女の子とカウンター越し世間話したり、カラオケで盛り上がるお見せがスナックというお店の特徴でしょう。

でも沖縄の場合は、少し違った面をも持っています。
実は女性が中心のお酒を提供するお店の事をひとまとめにしてスナックと呼んでいる事が多いんですね。
ですから実際に遊びにいってみたら、イメージと違ったなんていう事もよくあるのです。
まるで居酒屋や小料理屋の様なお店もあれば、若い女の子達が盛り上がっているキャバ同様のお店もあります。
最初にあげた一般的なスナックと小料理屋風、キャバクラ風の3タイプに分けられます。

ですから、沖縄ではスナックというジャンルに惑わされないように気をつけましょう。
気になるお店があるなら、いきあたりばったりを楽しみたいなら別ですが、まずはどんなお店なのか確認しておいた方が無難ですよ。

基本的に働いている女性は、ほぼ地元民なのも都会とは大きく異なる点ですね。
地元の常連さんが多いですが、旅行者や仕事関係で来ている人が夜の沖縄を楽しむためにスナックを訪れるケースも少なくありません。
沖縄のスナックは、色んな人が集まるので交流の場として活用するのもオススメです。

シャンパングラス

「キャバクラやスナックなど地域ごとの違いを知っておこう!」の記事一覧です。